サイファイ・カフェSHE


La Librairie de Montaigne
(31 mai 2013)

<サイファイカフェ SHE> (Science-Philosophy Cafe SHE = Science & Human Existence) を訪問いただきありがとうございます。
<サイファイ・カフェ SHE> は、科学から生まれた成果だけではなく、科学という営み、科学を支えている精神などについて歴史的、哲学的な視点から見直しながら、最終的には人間理解に至る道を目指して、2011年11月に始まりました。
会の趣旨はこちらに、また過去の会は「これまでの会のまとめ」にあります。ご覧いただければ幸いです。 
次回の予定は以下の通りです。

---------------------------------------------------

第13回サイファイ・カフェSHE

ポスター


日 時
2018年6月15日(金) 18:30~20:30

テーマ
『テアイテトス』に見るプラトンが考えた科学

西欧哲学の重要なテーマの殆どは、プラトンによって考えられているという認識があります。特に意識してはいなかったのですが、昨年のカフェフィロPAWLではプラトンを続けて取り上げました。想像以上に興味深い議論ができたのではないかと思います。これからは多少とも意識してプラトンを読んで行きたいと考えています。今回は、『テアイテトス』を読みながら、プラトンが考えた科学あるいは知識の基盤を考える予定です。本は岩波文庫、ちくま学芸文庫などで手に入ります。いつものように講師のプリズムを通して見えてきたところを概説した後、皆様に議論を展開していただきます。

会 場
会 場:恵比寿カルフール B会議室

東京都渋谷区恵比寿4丁目4―6―1  


興味をお持ちの皆様の参加をお待ちしております

(2018年3月15日)


--------------------------------------------------------

会のまとめ


 イントロとして、昨年秋に開催した第6回カフェフィロPAWLで触れたプラトン哲学についての一般的な見方を紹介した。この世界には五感で感知される世界と感知できない世界があり、前者は動いていて「成る」見せかけの世界、後者は不変の原型があるイデア(Form)の世界である。真理や本質は、相対的な感覚による世界ではなく、イデアの世界にあるとする見方である。それに対して、宇宙や人間や都市国家を理解するためにプラトンが用いた哲学的方法は、職人や医者からヒントを得ているという指摘がある。イデアとは天空にある手の届かないものではなく、アトリエで使う道具のように哲学の現場で用いていた道具だったというわけである。哲学が科学や技術に触発されていたことを示す見方になるだろう。
 この対話の中には、哲学(求智)の始まりはタウマゼイン(驚異)のこころだというソクラテスの言葉の他、産婆術(マイエウティケー)についてプラトンがソクラテス自身に語らせている部分がある。また、議論の途中に出てくる有名な余談では、哲学者とはどういう人間を言うのかについてのお話が出てきて興味深い。いずれも拙ブログで紹介しているので参照願いたい。
 『テアイテトス』におけるソクラテスの主な対話相手は当時10代後半と思われるテアイテトスとその師に当たるテオドロスである。テオドロスは幾何学の他、天文学、算術、音楽を専門とし、当時70代と思われるソクラテスより(この対話が、ソクラテスがこれから裁判所に出かけるというところで終わっているので)年上ではないかと想像されている。テアイテトスは、この師から「こんなにも驚異すべき好天稟(天賦の才能)を持つ者はいなかった」、さらに「穏やかなことも格別で、男性的気魄(勇気)も誰にも引けをとらない」と高く評価された若者であった。
 対話は知識(科学)とは何かという問いで始まる。これに対してテアイテトスは、「何かについての」知識という形で答える。しかし、ソクラテスの問いは知識の種類ではなく、知識それ自体が何を指しているのかに関するものであった。その上で、テアイテトスは「知識とは感覚に他ならない」という最初の定義を提出する。ソクラテスは直ちに、それは「万物の尺度は人間である」とするプロタゴラスの説と同じだと返す。この説は、そこに現れているものはそれを感受する人間にとってそう現れているのであって、他との関係性なしにそれ自体に留まっているものはないとする。作用を及ぼす機能を持つもの(感覚される対象)と作用を受ける機能を持つもの(感覚する側)という二つの相がある。つまり、あらゆるもの・性質は、相互の混和、運動から生成しており、「ある」のではなく、「なる」のだと考えている。この考え方の同調者には、万物は恰も流れるもののごとく動いているとするヘラクレイトスの他、エンペドクレス、エピカルモス、ホメロスなどがおり、例外として、現実は一つで変化はあり得ず、存在は永遠であるとするパルメニデスがいるとソクラテスは指摘している。
 知識とは感覚とした場合に残る問題としてソクラテスが挙げたのが、夢と病(特に、精神病)である。夢の中の出来事や錯覚によるものはどれもありはしないものに見えるが、これにどう反駁するのか。まず、健康なソクラテスと病体のソクラテスが同じが違うかをテアイテトスに質す。それは異なると結論し、異なるものは受け取る作用も異なってくる(例えば、酒の味も異なってくる)。つまり、やはりプロタゴラスの言うように、自分が自らの感受するものの判定者になるというところに落ち着く。ソクラテスが「お産を済ました」と言っている一つの考えがここに生まれたことになる。しかし、それが育てるに値するのかをあらゆる角度から調べなければならないと付け加えている。
 そこから、この考えの検討に入る。もし各自の思いなしが真だとすれば、各自の思いがすべて正しいことになり、なぜプロタゴラスが智者として崇められ、そこに弟子入りなどしなければならないのか分からなくなる。産婆術にしても同様で、それぞれに現れているものが正しいのなら、それを検査、論破したりすることは途方もない空談になる。すべてが真であるということに対する疑問である。









参加者からのコメント

● 昨日はお世話になりました。『テアイテトス』を整理して理解する機会、またいろいろお話する機会を作ってくださりありがとうございました。スライドの添付も恐れ入ります。今後の勉学の助けとなります。またの機会にどうぞよろしくお願いいたします。

フォトギャラリー
 


(2018年6月20日)